2012年冬の買い付け日記-その2 イギリス

さて、フィネスタルトの冬の買い付けの続きです。
雪が降らなければ、極寒もなんのその!

毎日ダルマの様に着込んで、いざ向かいます。

早朝は路面が凍結してツルツル。

気温は毎日マイナス8度から3度。
何故か薄いシャツ一枚のイギリス人が歩いていたり。

このフェアの窯焼きピザは美味しいので楽しみ!
ただ席に付き、5分以内に食さないと凍結します。

 

毎日陽は16時半に暮れ、より一層のクリスマスムード。
さすが本場ヨーロッパ。
イギリスもフランスも本物のモミの木が街角で売られ、
幾度もツリーを買うお客さんを見かけました。
一般家庭はもちろん、
公共の駐車場やあらゆる場所に聖夜を祝うツリーが飾られます。

それでは、次回は浸水危機一発。

蜘蛛の巣も凍り付く、寒さの模様をお届け致します。

antique finestaRt