2012年冬の買い付け日記-その3 イギリス〜フランス

不審者を警戒しているぼく。
アンティーク屋さんが多い街の、教会がまるごとアンティーク屋になっている
一風変わった場所にて。 

本当に教会なのです。
内部は写せませんでしたが、荘厳なステンドグラスが素晴らしい。

お昼を食べ損ね、近くのレストランで甘いものを頂きます。
ホイップクリームが美味しく、また肥えてしまいます。

さて、北のフェアーも終わり、ロンドンの倉庫で積み降ろし、
いよいよフランス。
・・・と思いきや、集荷前に「天気が悪い」と帰ってしまった
ディーラーさんの元へ。
途中、大雨につき道路が冠水。
ジャバジャバ進みます。進めるか?

 

あはは〜
こりゃ、すごい。

この後、購入した商品を受け取り、ロンドンへ。

大渋滞に巻き込まれ(North Circular Roadにはお気を付け下さい。
おそらく年がら年中渋滞です・・)
倉庫到着は夕方。そこから一路・南へ進み、フェリー乗り場のドーヴァーへ。
一日中運転しっ放しの日になりました。

 

指定のフェリーに乗り遅れ、フランス・カレーに渡ったのは0時を回った頃。
そこからパリに向かいます。
眠過ぎて写真がなく、凍り付いた蜘蛛の巣をお届け致します。
綺麗ですね。
 
 
それでは、次回は3泊3日のフランス・ベルギーの模様をお届け。
一瞬で走り抜けただけのバスティーユ広場や、
ブロカントのお兄さんは、実はシャトーを持つ王子だった、の巻。

antique finestaRt