2013年5月 フランス買付日記-その1

5月17日(金)朝11時の成田発フライト。

お天気が良く、飛行機も笑って見えます。

ジェットコースターが駄目な私。
酔い止めと睡眠薬を飲み、途中ぐうぐう寝ます。

ロシアは広いな。

ハッと起きて、朝食を頂きます。

エア・モス。照り焼きバーガーの具材を自分で挟んで、と〜っても美味しいのです。

シャルル・ド・ゴール空港到着です。
レンタカーを借りる為、長く連なるフロアを15分程移動。

モダンでかっこいいですね。

到着日は摂氏15度位でしたでしょうか。
時々晴れ間が覗く曇り空で、少し肌寒い。

それでは、早速車を借り、パリ市内まで移動です。
私達は何故か左ハンドル・右車線の方が得意。

もたもたしているので、クラクションはよく鳴らされますが。

翌日はヴァンヴの蚤の市へ。
曇っていて寒い日でした。

5月1日に贈る花、スズランを持って踊る女の子。
いつもこの場所で音楽を奏でるチェンバロ奏者のおじいさん。

パリですね〜。

さて、パリ市内を何カ所か移動。
イギリスと逆ラウンダバウトも、えいやっと合流。

危なければ向こうが避けてくれます、という気持ちで。。

またもや観光地には行けなかったのですが、ひと時のパリを満喫しました。

 

さて、翌日のマーケットに向かって、西へ300キロ移動です。
途中から土砂降りに見舞われ、気温もぐっと寒くなり、フィネスタルトペアー弱し!

そういえばスズランと言うと、昔のヨーロッパは5月が新春だった程寒く、
そのお祝いとしても飾られたそうで、なるほど今年は気候が遠い過去に戻った様。

次回は寒さ対策万全でお届けする新緑のマーケット、

カメラ小僧Sを一蹴するお馬さんの写真をお届け致します。

 

フィネスタルトのFacebookはこちらです→ f f b

保存保存