5月・フランス買い付け日記-その4

買付日記続きです。

今度はどんどん北上します。

不穏な雲行き。
この後飛ばし過ぎて、スピード超過!写真を撮られてしまいました。。

帰国後、2週間程でフランス警察よりきっちりと督促状が。

ノルマンディー方面いつもの業者さんに向かう途中、いくつもアンティーク屋さんに立ち寄り、いそいそと買付。

私はいつでもエプロン着用。
フランス人にもイギリス人にも失笑をかっています。

北フランスに行かれた際は是非、このレストランに。ファミレス的な所かと思います。。

ベルギー発祥のムール貝屋さんなのですが、、、

私達はこちらがお目当て!
完全なるサイドメニューなのですが、とても美味しい。
海老のクルクルパスタ巻き。
東京でも食べられると良いのにな。

ディーラーさんの所で買い付け後、車で数分の陶器の窯元へ。
わわわ。

おとぎ話のワンシーンのようです。

屋根には陶器で出来たねこちゃん。

一息付けた、のどかな時間でした。

さて、その晩は明朝の郵便局に間に合わせる為、深夜までパッキング。

どうか割れませんように、と願いを込めてとにかく巻きます。

古都ルーアンの夜明け。
太陽をバックにそびえ立つのは、フランス国内で最も高い尖塔を保つ

ノートルダム大聖堂。はー、美しい。

最終日にようやく晴れ間が覗いた、今回の買い付け。

壮観です。

ルーアンの街角で育っていた、シスタス・スノーホワイト。
日本では北海道位の緯度でないと育ちにくい植物。
つまりは湿度に弱く、火山灰土の酸性土壌の日本での生育は難しい。

ヨーロッパでは当たり前にある風景のひとつ

この日の13時にフライトなので、足早にルーアンを後にして。
渋滞がありませんように。

パリはもうすぐ。

お天気が良く、壮快です。

隣でSはぐうぐう寝ています。

シャルルドゴール空港に到着です。

今回レンタカーは空港に返却だったので、楽ちんでした。

フライトの2時間前に着いて、余裕のつもりが。。。
この後、超過の荷物が多過ぎて、チェックインを何度もし直し、
結果飛行機まで猛ダッシュする事に。
エールフランスのCAさんは一緒に走ってくれ、とても親切でした。
最後まで予定通りに行かない、すったもんだの買い付け。
毎度の事ながら、何とも楽しい。

それでは、今回の買い付け日記はこれにて。

フィネスタルトは昨日ファサードのドアの色を塗装し、一新しました。
1つの額縁のようになったと喜んでおります。
涼しくなりそうな週末、是非お立ち寄り下さい。

毎週水曜日は定休日です。

保存保存