フィネスタルトがはじまるまで

早いもので、フィネスタルトは来月で1周年を迎えます。
今でこそ天井までの家具と小物に囲まれている店内ですが、一年前はこうだった、という
オープンまでのつれづれを綴りたいと思います。

当初は配線ぶらり、クーラー無し、トイレ無しのすけすけスケルトン。

壁に付いているフワフワの物体、、、
これから始まる発砲ウレタンフォームとの戦い。

じ、地味〜

一番奥のスペースは、床のレベルが低く、コンクリートを流す事に。

さて、始まった地味な戦い。
スクレイパーでひたすら剥がす剥がせば剥がす時。
ウレタンの厚さが2cm以上だと、パリっと気持ち良く多めに剥がれる事判明。

って、地味過ぎる。。。

 

ワン

ツー

スリー

。。。ここまでで1日だったかな。

非常に遅いペースではありますが、まぁ、良いか、と。

しばしのお付き合いを。。

す、進んでる?

私の身の丈までの高さでカニのように前進。
魔法が使えたら良いのに。

「黄色いフワフワ飛んでけ〜」

そもそもオープンまでかなりの余裕があった日程。
のんびりな私は一日3時間程しか作業しないので、この発泡ウレタン剥がし、結局1か月以上。。

パリパリ作業していました。

色味も無く、変化の無い本当に地味〜な画像のオンパレードですみません。

ということで、全く関係のない我が家のしろねこの画像を。

うふふ。

数年前の写真ですが、白いので老いても尚、こんな感じで可愛いのです。
庭を眺めるシオポン!

 

次回は壁の塗装と、バックヤードが出来たよ!の巻。

お、お楽しみに?