2013.10月〜11月 フィネスタルト買い付け日記-その3

12月に入り、ぐぐっと寒くなりましたね。
暖かいお鍋が美味しい季節でもあり、うれしいですが。

さて、買い付け日記3回目です。

リヨン滞在最終日。

木曜日から始まる郊外でのマーケットに!
屋外パーキングに廃材を重ねたアートが。

暗いですが、早朝の画像です。

常設の倉庫店街と、屋外に蚤の市が広がり、楽しい雰囲気。

屋内は連なる様々なブロカント屋さんが。

ジャンルも色々。

お店の什器で使われていたというシェルフ、使い勝手良い大きさです。

かわいいパオンも。

この日はパリの倉庫に18時までに帰らなくてはいけないし、
その後北上してベルギー に向かわなくては、という日程だったので、

お昼には一路パリへ。さよなら〜 一時のリヨン!

リヨンからパリへ。

途中山越え。濃霧開けた瞬間

青い空、低く浮かぶ雲、そして牛たち

空が綺麗

ポコポコ樹の枝に着いているのは、クリスマス名物

ヤドリギ。

この間5時間走りっぱなし。
ランチの時間も取れないので、朝作ったサンドイッチを車内で。

さてパリに近づいてきました。

あ、ジウジアーロ?まだまだ現役でバリバリ活躍する70年代の車が多いのです!
昔、欲しかった車を見るとついパチリ。

そして、だーい渋滞。
南から入ってくる環状線ルートは駄目なんですよね、、、
早めにリヨンを出発したのが功を奏して、何とか倉庫のおじさまの元へ辿り着き。

また一瞬でバイバイ、そしてまたひたすら北上!

次回は思わぬホームステイとなったベルギーにて。
 ディーラーさん巡り、
古都の夜景、

いたずらっ子世にはばかる、でお送りします。

 

毎週水曜日は定休日です。