2014年 6月買付日記-その4

4回目の買付日記、更新します!

ベルギー・フランス リール付近での買い付けから次なる北フランスへ移動。

高速道路を走っていたら、どどーんとサーカスの一行の大きなトレーラーが。
黄色と赤の色彩はやはりワクワクしますね!

フランスでは今でもかなり頻繁に移動サーカスが各地で開催されていて、
よく街の中心部で大きなテントを立てているのを見かけます。
良き時代の娯楽を現代の子供達が楽しみにしているのだなぁ、

とその都度感慨深くなります。

閉館時間ギリギリに間に合うか、法定速度を守りつつ?車を飛ばしてきた甲斐がありました。
前回も閉まるギリギリ、Baventの窯元。

ですので、観光客がまたもや誰も居ない、、
屋根の上の猫ちゃんは同窯製の陶器で出来ています。

鳥を狙っている仕草にリアリティがあり、また木漏れ日が似合いますね。

こちらもBavent陶器で出来た、、、じゃない

本物の孔雀でした!

とても綺麗です、、

閉館なんだから早めに帰ってね、と言っているのかな。もうちょっと見せてね。

きっと日中は各国からの観光客が来るんだろうな、国旗が揺らぐ。

(真っ昼間に見えますが、既に夕方5時半位)

おとぎの国よ、またね

窯がある棟には、この様な屋根飾りが並べられています。

土粉にまみれた内部も素敵です。

Baventで買付もして、今晩の宿に帰ります。
くどいですが、この明るさで夜の9時
3泊したCaen郊外のホテル駐車場より。
カーンは運河が流れているせいか、内陸地なのにカモメが沢山。
向こうの屋根の上にも。

翌日Caen周辺のディーラーさん巡り
ガス欠になりそうだったので、GPSで入れたスタンドを探している最中、

なんだか林道を走らされ、白黒ちゃんねこに遭遇。

いつもお邪魔します、優しい眼鏡のアントワーヌさんと働き者のムッシュ達のお店
いつかこちらのシェルフが欲しい、と7年前から申しております。。。
使い勝手が良いお品物はどなたにとっても使い易い訳で、そりゃ無理ですね。

毎日買い付け商品は順調に増えていき、必然的に写真撮りも淡々とこなさなければ
その日が終わらない。

という事で、昨日よりの商品をほんの少しだけ。

Bavent窯で買い付けました、鳥たち。

無事に日本に飛んで来れます様に。。。

こっくりとした釉薬と、緻密な羽描写。

の割にトボケた目線が可愛い。

次回は
ワールドカップに湧くフランス
イギリス入国審査官はカモメだった(ウソ)

をお送りします。

OPEN     11:00〜19:00
 
毎週水曜日は定休日です。