2014年 9月〜10月 買い付け日記-その2

さてちょっと間が開きましたが、前回の続きです。。
ルーアンの朝
前日の夜、「もう停める所がないから、看板ギリギリで停めて&壊さないでね」
と言われ、右側の看板ドンしている車がうちのです。
朝起きて外で声がするので見て見ると、もう隙あらば皆停める。

3台ほどの車が入り乱れていました。

車の運転が必然的にうまくなりますね〜この国。

いつもの場所に行ってみたら、何と蚤の市やっていない。折角来たのに。
(次週しつこく行ってみたら、違う場所に移動していました^^)
それでは、と北上してディーラーさんのお店へ。

ルーアンから2時間半位運転です。

お天気が良く、快適な気温

はい、到着。
ディーラーさんは韓国のバイヤーさんと商談中。

大きな姿見やこなれた塗装のパネルを仕入れる事が出来ました。

こちらのお店で飼っているヤギ

人懐っこくねだってきますが、紙をあげたら良いのでしょうか。よく分かりません。

その隣で飼っているアヒル達

なんて長閑。

どこを走っていても眠くなってくる風景の連続です。

この日の買い付けも終わり、ベルギーのB&Bへ宿泊。
30代後半のご夫婦が営んでいる宿で、とても綺麗でした。

 壁の色センス良い。

翌朝ブリュッセルへ

お天気は曇っており、少し寒い日だったせいか出店もまばらです。

さー、気を取り直して、もう一つの蚤の市を目当てに、移動です。

看板がすごいけど、建物の配置とデザインは良いですね〜

規模は小さいと思っていたら、そこそこな出店数でした。

13時位には片付け始めてしまうらしく、駆け足で回りました。

グレーのドアが格好良い、細い建物
流石に新しい窓枠とガラスに交換しないと駄目だったのですね。

赤いパンツを履いた奥様が信号待ちをしている所をパチリ。

雰囲気のある小径

赤い靴のマダム。

こちらでは色の入ったお洋服を着る人をよく見かける、きっと着慣れているため、気負いなくラフでとても似合っている方が多い。

さて、また移動です。

閉店ギリギリにベルギーのアンティークディーラーさんの元に。

豪華で大きいシャンデリアが仕入れられました。

大きなスケール

ビッグペンギンズ3羽

今宵の宿は決めていなかった為、次の目的地に近いB&Bを探して泊めてもらう事に。
60代位のご夫婦がお家で2階を改装して宿にした様で、とても快適でした。
そして朝ご飯が美味しい!パンはオーナーさん手作りです。
多分奥に映っているハムとチーズも。沢山頂き、どうも御馳走様でした。
お車でないと難しい場所ですが、ベルギーの南部に行かれる方はおすすめです。

街から車でちょっとした山に登っていく為、辺り一面牧草地帯

朝靄が美しい

この日は4箇所程マーケットを回りましたが、どちらも其れ程

規模が大きくは無く。こちらはその内の一つ、運河添いの蚤の市

のどか

そして、この旅でのディカプリオ率高し。

次回はベルギーお目当てのマーケット
のんびりパリ郊外のブロカント
ヒツジグサの名前の通り時刻を知らせる睡蓮の咲く池
猫のブロカント
でお送りします。

antique finestaRt