2014年9月〜10月 買い付け日記 その3

寒い日が続きますね。
マスクの方が増加する季節、うがいだけは励行している私たちです。
皆様もどうぞご自愛のほど。

ウェブサイトは日に2〜3点更新していますが、
店頭では、ほぼ大体の小物類はご覧いただけますので、
色々とお探し、という方はどうぞいらしてください。

さて、久しぶりの買付日記。
前回からの続きです!

毎日カラッと晴れて夕刻のマジックアワーの美しいこと
殆ど移動中の車内からの撮影でブレブレで残念ですが。
絵を描く才能があったらなぁと思います。

この日ベルギーの蚤の市で出会った手芸用のテープ、
素敵なフォント、デザインのラベル。

翌朝、早起きして夜明けからの蚤の市へ。

ベルギーは今回長めに日程を取り、何箇所かマーケットを回ったのですが、
いずれもフランスと比べるとお客さんの数が少ない。。ような。。
まぁ見易くて良いですが。

明るくなってきました。
人は未だまばらですが、その分やっぱり見易い。

こちらのスツール、脚の形状気に入りました!

早起き&若干の早歩きでお腹が減ったので朝ご飯!
ハムオムレツ

そして、クロックムッシュ。

さて腹ごしらえをしたので、もう一回り。
折角ディーラーさんが綺麗に並べている中、お客さんちょっと少ない。。
勝手に蚤の市の心配までする私たち。

あれ?Sのリュックに犬が。

朽ちた外壁、凄いですね。
この後、昼頃にはお客さんが増えて来て、これまた勝手に安心した私たち。

この日は今回の買い付け中ベルギーの日程最終日。
もう一箇所、移動して買い付けです。

やぁ!ドナルド!

日中気温が上がり、やはり半袖人登場。
(どこの国でもどんな季節でも半袖な方は居ますね)

ハロウィンがもうすぐ!な頃だったのでした。

買付も終わり、そろそろフランスへ戻ります!

ルーブル ランスの話題も未だ新しい、
高速道路を通るといつも見える、かつての石炭の街の面影を残すボタ山。

翌日。
午後過ぎ位まで、パリ郊外蚤の市へ。
久しぶりに訪れてみましたが変わらずゆったり、優雅な雰囲気。

カフェのバックヤードにあったのでしょうか、
華麗なアングルが付いたミラー付きウォールシェルフも買い付けました。

それぞれ食事をしたり、読書をしたりフランス流ゆったりモードな中、
私たちは結構な早足、いつも時間が無いのです。。

買付では毎回色々な探し物リストを頭に入れて見て回るのですが、
今回その中のひとつである地球儀を探していました。
色々探していた中、天文学者 E.Bertaux監修の小振りなグローブと出会う。

天に在りては願わくは比翼の鳥とならん

さてさて、パリの荷下ろしが終わり、北方へ移動
今回初めてコンタクトを取ったメル・ギブソン似のダンディなディーラーさんの倉庫へ
良いアイアンドアを調達してくれていました。
メルシー、ギブソンさん。

敷地内の丸い池
本当にその名の通り、午後15時頃開花したヒツジ草

金魚?もすいすい

ギブソンさんが教えてくれた、お友達のブロカントにもお邪魔しました
広いショップにはワンちゃんとキジトラ猫。
とても人懐こい可愛いネコでしばしの戯れ。

それでは、次回は天井が高い圧巻の倉庫を持つブロカント屋さん、
髭もじゃ蔦が絡まるこれぞフランス、な家
パリの蚤の市
買い付け最終日はヴェルサイユ宮殿をセグウェイで見学!
盛りだくさんでお送りします。

antique finestaRt