2014.9月〜10月 買い付け日記その4 前編

間が空いてしましました。
前回からの続きです。

(※こちらは昨年、2014年秋に行った買付日記です)

大きな倉庫を持つ、初めまして!のディーラーさん。

素敵な光の陰影

とても長い油絵

圧巻のサイズです。流石に計れず長い方でおよそ5m?

映り込む空が綺麗です。

夕暮れの変化

次の日、蔦で覆われた顔の様な家に遭遇

既に紅葉が始まっていました。

ローズヒップがたわわに。

ラベルではなく、手描きで記されたクールなフォントの薬品ボトル

さて、パリに戻ります。

PARIS 、PARIS ひたすら標識の通りに、GPSの言う通りに進みます。

出たー!運転したくない場所ナンバーワン

凱旋門

流れに乗ってうまく溶け込むように。。。巨大ランダバウトに突入です。

シャンゼリゼ通りは観光客が凄い。

通り過ぎ、ホッとして振り返り様の凱旋門
美しいですね。

小道を走ります。

小道の路地にて。
先方のトラックが荷下ろし中。
こんな風にして日々の納品作業が行われているんだなぁと、
狭い路地の物流事情は大変なわけですね。
この間、立ち往生で全く動きません。
クラクション鳴らしたりイライラする方も多かったですが、
彼等もがんばって仕事中、ここは待つしかない、状況なのです。

「センセイ」って店名もすごいし焼き鳥の次がスープという。。。
異国から見たごちゃまぜジャポン感、好きです。

パリですね!

色の使い方、というのははやはり環境から自然と掴んでいるものなのでしょう。

 

この辺、切手屋さんが立ち並ぶ地域で、このお店も近日オープンの様子。

車の中でランチを食べつつ、しばし工事を鑑賞。
なんだか工事がざっくばらんで工作みたい。
こういうところに妙にフランスを感じます。

パリ近郊のマーケットに再訪。

地元の方々もアンティークを探しに来ています。

ラベルの美しいボトルをお持ちのディーラーさん。
御主人の元を離れないぞ、とチワワちゃん。ウトウトと眠そうですね。

久々に食すマダムのタルトオポム

ちょっと焦げちゃっているけど、自然の甘さで美味しい

さ、買い付け終了まであとふた頑張り

パリから3時間西へ移動します。

今宵の宿はこちら

青いドアと鉄柵がお洒落です。

マーケットは翌日早朝から、

出店数が少なく、わざわざ来たけれども少し残念です。

気を取り直して、最後のマーケットに移動です。

季節外れに暖かい日が続いたせいか、藤の木が間違えてお花を付けている!

※この画像は10月初めのフランスです。

ここまで書きましたが、
予想以上に記事が長くなりそうなので、(すでに長いですけど)

続きは後編にて。。

antique finestaRt