2016.6月〜7月 フランス・イギリス・ベルギー買い付け日記-その2

ちょっと間が空きましたが、

買付日記その2です。

なんだか時系列がおかしいような…
写真はいつの食事だったか忘れましたが、前回の続きから。

パリからノルマンディーへの行きの高速道路でなんだかスピードが出ない…
その内エンジン警告ランプが点灯したりで急遽バンを交換する事にしました。
ノルマンディーからの帰り道、パリに入った所で大渋滞。

通常なら3時間のところ5時間も掛かってしまい倉庫の方に謝り、何とか荷下ろしを。
その後待っていてもらったパリのレンタカー屋さんの所に着いたのが20時。
残業をさせてしまった事を深く反省…
無事に新しいバンに交換してもらい、これからイギリスに向かいます。

以前失敗した教訓からカレーまで行ってその近くで一泊、夜明け4時の便でドーヴァー行きのトンネル列車に乗る事に。

夕食を食べましたがこの間眠くて憶えていません。

翌朝イギリス南部のマーケットへ。

お天気が心配でしたが、時々晴れ間が覗いて何よりの気候。

家具を買付け、その後小物をくまなく探す…探す。

イギリスは2泊3日の予定。
最初のホテルはフランスで決めましたが、2泊目はその辺で適当に。
ベストウェスタン系列なので、色々と豪華でした。

出たー、真っ黒シイタケー。
初めて見た時の驚きはなくなりましたが、やはり久しぶりに見るとびっくりします。
黒過ぎて。
僅かな滞在なので、イングリッシュブレックファストを楽しみます!

3日目はちょっと調べたアンティーク屋さんを10軒位回る。

この開きの窓、カッコいいですよね。

働き蜂のガレージにて給油を。
屋号もイラストがかわいい。

途中雷雨、晴れを繰り返すイギリス上空。
運が良く、買い付け時には殆ど雨に濡れずラッキーな3日間でした!
ちょっと名残惜しい位の滞在、次回はもうちょっと時間を取りたいです。

さて、あっという間にフランスに帰ります。

前回フリート選択を間違えた問題の地点もスルー出来、帰りはスムーズ。

明日はお昼過ぎまでベルギーのアンティークディーラーさんを巡る予定。
という事で、今晩はベルギーのB&Bに宿泊。

街中以外はチェーン店系のホテルが少ないベルギー、
代わりにご夫婦で営む御自宅B&Bが多い。
今回も一般家庭にお邪魔しました。沢山の朝食。
ごちそうさまでした!

運河沿いを走る。

郊外はどこも長閑。

淡いブルーのお花一面。

名前が分かりませんでしたが、ゆらゆら揺れて綺麗でした。
→(その後、お客様とお話ししていて判明しました!
リネンのお花です、フラックスですね)

私たちが大好きなアンティーク屋さんは変わらず可愛いかった。
そしていつもの優しい笑顔に来て良かったーと思うのです。

さて、夕方までにまたパリに戻って荷下ろししなくてはならず、
名残惜しくもお昼過ぎにさよならを。
が、、またしても渋滞。
いつも流れている所なのにな〜と思って運転していたら国境で検問中。
やはり情勢が変わっているので、色々ありますね。

案の定、私たちは検問に引っかかり荷台と運転席とカバンの中身を検査。
最後は助手席の座面も持ち上げて結構な検査でした。。。

そんな風なのでまたパリの倉庫の方には電話で事情を説明。
待っていて貰えるようになんとかお願いを。
国境からSAにも立ち寄らず爆走に爆走を重ね、
何とか時間通りに。。。ヒヤヒヤします。
その後、週末はリヨンに行くことに。
パリでの荷下ろしの後、これまたいつもの教訓で夕方のパリ環状線の運転は避ける事に。
南ルートは特に大渋滞して抜けるのに3時間掛かる為。
倉庫付近のB&Bで早めに寝て、夜明けの3時に出発。

リヨンまでは5時間。

美しいワイルドフラワー

夜明け運転中も途中はひどい土砂降り。
これはマーケットやっていないかも、という残念感が的中。
朝から2軒回りましたが殆ど出店無し、仕方がない。
でも時間もあるので夕方まで後もう一箇所行ってみよう、
とスイスの国境近く、アヌシーという場所へ向かう。
もうほぼドライブ気分です。
到着したのが16時頃、もうマーケットのテントは片付け終わっていて
そもそもアンティークではなくクラフト市の様な雰囲気。

今日は残念な日だね〜とよくよく見渡すと絵葉書のような世界が。

ここは綺麗でした!

湖の透明度が高くて、覗くと底まで見える綺麗さ。

しばし芝生に座ってぼーっとする。

早くも泳ぐ人、湖畔を走るランナー、ペダルボートを漕ぐ観光客、
インラインスケートで遊ぶ子供達。

ここはまた来よう、今度はゆっくり!と誓い合う私たち。

スワンもとても人なつこい。

街全体の気品と情緒ある風景が素敵な所でした。

次回は灼熱リヨンのマーケットへ。
そしてパリに戻って商品撮影、梱包祭り。
アンティークフェアーを周り、聞きしに勝るシャルトルブルーは凄かった、

の巻で御送りします。

antique finestaRt