2017.6月 フランス買付日記-その1

こんばんは。
今年の夏ももれなく暑い!ですね。
ちびっこ達が夏休みに突入致しましたね、皆様楽しいバカンスを。

さて、日本の暑い夏よりもっと暑かった!?…すっかり免疫が付いたこの初夏の買い付け日記をお送り致します。

5月24日(水)出発。
羽田は近い!毎度おなじみの出汁屋さんで朝ごはんを食べて出発!
STAR WARS好きとしては見逃せない機体の出現!
カメラが出遅れ、肝心のR2ーD2が映っておりませんが、ANAのSTAR WARS機。
(私たちは毎度JALなので乗れず…残念)

千葉県沖、丸いものシリーズ。

海ほたる、ほんとに埋まっているんですね。

杉山はラララランド(何度も訂正していますが、一個多い)、
私は10年経ってやっとスラムドッグ・ミリオネアを鑑賞。素晴らしい余韻。

恒例の機内食は写真の色味が悪かった為、割愛。
さて、当機はただいまパリ上空に差し掛かるところです。



到着。
快晴!お天気で何よりの初日、エールフランス飛行機が出迎えてくれました。
尾翼のトリコロールが若干レトロでおしゃれ。

いつも通り入国審査もすんなり、荷受け待ち…

時間通りにいつものレンタカー屋さんまで。
ほぼ一年ぶりにお会いするムッシュも変わりなく。それでは出発!
パリから北東に2時間、翌日の蚤の市に程近い場所に宿泊です。
。。。予感はありましたが、何だか暑い…
まだ夜は寝苦しいという事はなくバタンキューでおやすみなさい。

翌朝、ド快晴。
暑そうだね、という事で既に半袖、帽子はマスト。
いつもは被らないで買い付けに出かけていた杉山ですが、今回急遽買い付け前に帽子を調達、これが今回は大正解。
帽子がなければ多分熱中症が酷かったかも。
朝7時、体感温度33度。

日差しが眩しい。風もなく蚤の市日和ですが、出店者はもっとキツそう。。

影に入るとちょっとひんやり。
この後この癒しゾーンに何度も入る事になる。

ジリジリ。。ジリジリジリ。。。
ペットボトルのお水を切らすと危ない、熱中症注意報。

美しいカラフェをお持ちのマダム。

お買い物客も疲労困憊。15時頃になると暑さもピーク。。。しんどい。
中心部でアマチュアバンドの演奏が始まる。
最初は前座的、バンドを組んで3ヶ月位かなという香ばしい歌声、変なリズムのドラム。
後の方でストーンズのコミックバンドの様な中堅どころが出てきました。

は〜〜船旅のね〜トランク用カバーが付いてる〜(感動)
素敵ですが、うちのお店に厳しい大きさ、残念。断念。

薔薇に良いよね!というこの気候。
うどんこ病になり難く、どの子も深い緑の葉っぱを讃えております。
初めて訪れた蚤の市で規模と道が分からず、全部の道までは網羅出来ず。
夕方5時位には撤収が始まり清掃車が行き来し初日は終了。

今回パリの倉庫までの往復を極力減らそうと商品撮影・梱包作業を出来るだけその日のうちに!
という事で明日の目的地までは行かず、明るいうちに近隣のB&B宿泊に決定。with撮影。

撮影大会!
まん丸が良いですね、ワインのガラス瓶。
微妙なグリーンのグラデーションに見惚れます。

涼しげで惹かれるクリスタルガラス類。
右側、湖畔のブルーの様なドーム兄弟の花器は口元にスライス状のチップ有り、ただこの形と混じり合った色が美しい。
左手前の金彩が載った長方形の花器は以前どこかで見かけて、その時は断念した思い出が。。
また再会出来て良かった。

翌朝ベルギーのディーラーさん巡り。
検問渋滞なのか国境辺りで車が進まず。
高速を下りて適当に下道で進むことに。
朝着くつもりがお昼前に到着、駆け足で4箇所程周りシャンデリアやショーケースなど買い付けました。

翌日の蚤の市の近くのB&Bにチェックイン。
直前に予約を決めて到着はとっぷり暮れた23時頃。
にも関わらずとても優しいオーナーさんは私たちの到着を待っていてくれ、アットホームな良い所でした。
敷地が広く、お部屋を真っ暗にして窓を開ければ天然のクーラー。画像では見えてないですが実際は星が満天でした。
この日の夜は涼しい風が吹いていました。

今回はここまで、という事で。
次回は、
夢の様な暮らしのベルギーのアンティークガラスコレクターのマダムとの再会、
蒸し暑さは東京より一足早く、のマーケット。
一路イギリスへ、いきなりストーム!雷雨が待ち受け、気温は10度に急激降下。
。。。でお送りする予定です。

よろしければお付き合い下さい。

antique finestaRt

保存保存