2018年春 UK〜FR買付日記 その4

買い付け開始から丸1週間経ちました、今日は火曜日。
アンティークフェアーの日。
寝坊して出遅れ、ホテルで朝ご飯は食べず出発。

イタリア系ご夫婦のブース、お二人のセレクトが好きで毎回譲って頂く。
秋の買い付けはイタリア巡りを予定に入れたい、是非とも。

午後はアンティークセンターを数カ所回る。
延ばし延ばしにしている商品撮影と梱包は明日の午後だね、とホテルにチェックイン。

翌日水曜日。
明日はベルギーを回る予定。
フランスとベルギーの国境、リールまでここから5時間半だから、、
とりあえず午前中買い付け、午後は出来るだけ移動&頃合いを見て適当なホテルに予約、
そこで商品撮影しようという事に決まり。

青空/雷雨の激しいお天気。
本格的な降り始めまでには会場内見尽くせたので、まだ良かった。

では、、出来るだけ北上します。
溜めるに溜まった物量を考えると6時間位は撮影&梱包に必要、
なので日の入り時刻を考えて16時にはどこかにチェックインしたい。

こんなカツカツ日本人を眺めているわんちゃん。
期待虚しく私達は運転スタートから1時間で眠気にやられ、はい撃沈。
高速パーキングで記憶を無くす。

夕刻になってきた為飛び込みでホテルを決める。
そこはランブイエだった。
芝生のグリーンが綺麗、写真映えするね〜と荷台の商品を並べる。
喜びも束の間、暫くするとどこからか作業車1台、お兄さん一人。
一人で作業には広大な敷地を黙々と芝刈り始めた。
「ここは、、ほら、免除なんじゃない?」
そんな甘い事は御座いません。
「Tout!-全部」
と言われ、折角並べたあれこれをすごすご移動。

芝刈りにーさんはびっくりする手際の良さと働きっぷりで仕事を進めている。
怪しいアジア人二人の古物梱包の横で芝刈り機が大全開。

日が暮れる22時過ぎまで掛かり、何とか終わりました。
明日のベルギーまでパリを経由するとなると早朝に出発し渋滞を避けて、、、
とにかくお休みなさい。

木曜日のベルギーの写真がすっぽ抜けました。
同じく日没まで買い付け、翌朝金曜日の早朝にイギリスへ渡ります。

金曜日の夜明け。

暑かったフランスから北上するとまた気温は10度届くか届かないか、で季節外れの寒波到来。

小雨降るさぶい一日、、、
イギリス人はちょっとやそっとの雨では傘を差しません。
この日夕方まで散策した小さな街にて。
女学生のお子さんとパパ。
「パパー、前が見えないよ」
「ちょっと待って、こうすれば、、、」
、と頭に被ったビニール袋を裂いて歩く後ろ姿。

それでは次回買い付け日記 その5に続きます!