「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」にフィネスタルトの商品をディスプレイ頂きました

お知らせが遅くなりました。
先日いつもお世話になっておりますスタイリスト 中田 由美さんがディレクションされました、
企画展示「サンダーソンアーカイブ ウィリアム・モリスと英国の壁紙展-美しい生活をもとめて」
の会場内ルームセッティングにフィネスタルトのあの子、とこの子、、を飾って頂きました。

クラシカルな設えと、フィヨルドの冷たい風が吹いていそうな新作パターンのコーナー。

ファブリックと壁紙の権威、英国王室御用達のサンダーソン社の壁紙変遷も観覧出来るそうです。
後、1ヶ月は開催しておりますので夏休みの計画の一つに。

こちら中田さんからのコメントを拝借させて頂いております。
「群馬県立近代美術館は高崎駅からバス・電車・タクシーで20分から30分くらい、
森のような素敵な公園の中に佇む磯崎新の荘厳な建築です。

駅近くにはアントニン・レーモンドが設計した旧井上邸の移築や、音楽堂などもあり、
建築好きの小旅行にはもってこいの街です。」


注)既に開催されております。

平成30年7月7日[土]~ 8月26日[日]
■休館日 月曜日(7月16日、8月13日は開館)、7月17日
■時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
■会場 群馬県立近代美術館 展示室1