2018年10月 買い付け日記 その1

あっという間に2018年の暮れを迎えてきました。
10月の買い付け日記を進めねば、という事で駆け足で綴ります。

10月1日から11月1日まで、という分かり易い日程。
出発の日は台風一過で、東北に向かい前線を追っかけて飛行機は飛び始めました。
東京は未だ半袖で十分な暑さ。

色々割愛して無事到着。
パリ、シャルル・ド・ゴール空港。

レンタカーを借りて初日のホテルへ。
いきなりボヤ騒ぎで全員外に出されましたが、「フランスあるある」です。
↑原因はホテル側リネンの乾燥機詰め過ぎ。

次の日、結構寒い。
10度ちょっと位の気温で曇天。
マーケットで買い付け。

まだ買い付けは始まったばかり、これぞ、という品だけ厳選。
シリーズ・ワンちゃん

シリーズ・ワンちゃん

午後16時位まで見て、ノルマンディーに移動です。
晴れてきました、絶好のドライブ日和。

翌日、朝食にハムとチーズが付いているだけで気分が上がる。

午前中から夕方までアンティークディーラーさん巡り。
皆さんお元気で何より。

夕方移動しつつ、新規開拓でアンティーク屋さんへ、こんにちは〜〜
立派な邸宅内にてご夫婦で営むお店でした。

はい、3日目。
早朝から蚤の市を見て、午後は西に移動です。
今回フランスは4日間滞在し、その後イタリアへ移動、また戻ってくるという日程。
目的地ナントへ向かう途中に立ち寄った瀟洒な街、もう名前を覚えていない、、、

日焼けしたブルーが素敵なブロカント。
勿論お邪魔します。

日差しが照り付け暑い。
カンナが咲いています。

ナントは結構遠い(パリから4時間)。
途中途中にブロカントに寄ってしまい、到着は一体いつになるんだか。


目的地に着いたのは夜22時過ぎ。
アパートメントホテル(人が駐在しないタイプ)の宿泊でしたので予め遅くなる事を連絡し合って事なきを得ました。

翌朝、この日の17時半にはパリに戻っていなきゃいけない。
晴天で気温はぐんぐん上がります。
トラム電車が走っているナントの街。

パリに入る渋滞を見越して遅くても12時にはここを出発しないと間に合わない。
はい、いつも通りの全速買い付け。

、と後から思い出すとお昼のホットドッグを車内で食べれば良かった。
ホッとして、もうちょっとだけ満喫したいな、と屋台で座って食べて20分ロス。

12時半には積み込み終わり出発。
ガソリンを入れたり、まだこの写真の頃は気持ちが悠長。

途中、高速道路は至ってスムーズ。。

いつもより混んでた気がする、事故も500Mに1回は見た、
パリ南路線の大渋滞、ここで2時間嵌る。
「倉庫の人に電話!!間に合わない!後、レンタカーの返却も!!」
結果、パリ倉庫の方は20分遅れた私達を快く待っていてくれ、レンタカー会社の
いつものムッシュは無人返却方法(←全然間に合わないから)を探ってくれた、あぁあ、いつも感謝。

今晩空港近くに泊まり、翌朝7時にイタリアへフライトです。
ちゃんと乗れるのかな〜〜??
今回いつも以上に始終時間との攻防な買い付け日記となり、
読んでいる方をヘトヘトにさせそうですが。
※イタリア中間はのんびりした風景をお届け出来ます^^

その2へ続きます。